先日にて終了の予定?の出来事にしていましたが 引きずり過ぎですねすみませんが 

ここは、やはりHごとは書かねばと無性に反省しまして....ですね


疲れて寝堕ちがちの根性無し....な自分か情けない(前と同じか)、付き合って付いてきてくださいね~(爆笑)




DCF00081.jpg
(刺繍のシャツの別バージョン、ポシェットも刺繍でポケットの中にデジカメの刺繍もある、妻のお気に入りです)




DCF00412.jpg
(先日、ハヤブサ に初めて乗りました、やった~)

手を取り 月明かりの街路樹のなかを駐車場へ 

繋いだ手の おもみ は想いとなって指を絡めて あゆみました。

駐車場に停まってる妻のクルマの前まであゆんできました 妻がドライバー側へ行こうとする手を引いて

後ろのドアを開け、押し込むように乗り込みました。 

「きゃつ」 

身を乗り出して、妻を引き寄せ、抱きしめました。

「んんっ、ちょっと、な.....んんっ、なに、きゅうに.....」

たぶん.....さっきの くちずけ で違ったスイッチが入った自分....が妻の太腿を攫み上げ 押さえつける

顔をはすに、妻の口を塞ぎました。

「うぐっ、うぐっ、う~んっ....」妻がからだを揺すります。


舌を絡め、吸い上げ嘗め回し、 無我夢中.... むしゃぶりました  (しばし堪能


「はぁ~はぁ、はぁ~ぁ」お互いに息も絶え絶えに塞いだ口を放し 妻のからだを抱きしめ、揺すりあげます。 


DCF00105.jpg


 ぐぃと、妻が私の胸を押し上げました。「ちょっと 焦りすぎ 」覗くと妻がちょっとうわめずかいに

「もっ、もっ~う 息、お酒くさ~いい」とか呟きながら ほっぺを膨らましながら睨んでました。

「はぁはぁ....やっぱ 酒臭いか  〇〇〇(妻)が....ちょっと 可愛く見えたから ハァハァハァ,,,,」

「まぁ、可愛いのは いつもだっけどね 」とケラケラ笑ってくれました。

「どこが~ とか」と、ちょんと おでこを押して 軽い突っ込みは忘れませんでしたがね(笑)



DCF00082.jpg

(妻と私が大好きな小樽のナイアガラという品種のワインです、甘めでフルティな味わいでお手頃です、笑い)



妻を招くように手を差し向けてからだを寄せました 「ちょっと....もうおしまい、ね」 あやそうと やり過ごそうと する妻

からだが逃げ腰ですが、太ももをさすりながら ぐいっと 「あぁ... あ 」 押し倒しました。

「逃げようとするから わるいんだ.... ね  観念ろ」 とおでこを押しました。

妻は 頬を膨らませて「プゥ」と息をはきだして すねています   

 「あ~ほ が」     なにかしら  スイッチが 頭の中で入って....「そっか 欲情、している....んだ」

スカートをたくし上げる様に太腿を撫で上げてめくります。


ショーツに指先が 触れました.... ストッキングをはいてない 生地の感触

「シュッ」と なで上げてバンドに手をかけ 一気に 引き揚げます。

「あぁ、だめょう~ だめ だめ だめだって」と 引き留めようとする妻の手を払いのけ 

 強引に尻まで捲り上げることができました。 

 いきなりなので  焦る妻 

「抵抗しないの ほらほら....」 バタつく妻のからだを揺すりながら ショーツを膝まで提げて

脹脛をまとめて 右腕で抱え込み 左手で 茂みを もみなで上げ 中心を縦にすっと撫でる。

「んんっ」 びくっと足が跳ねる  「はっあぁ」息を吐き もっと奥に指を這わせて ゆっくりと往復させる。

 
「あっ.... ふぁ.....」 時折その指が一番敏感な場所を探り 腰と足がびくびくと震えた。

「ん!」指をするりと差し込んでみた。

忍び込んだ指で 妻のひだを割るように動かせると、湿った水音が微かに聞こえてきた。


「やっ.....濡れちゃ、う.....」   

「もう濡れてる」  言葉を吐きながら ショーツを抜き取り 太腿を抱え股を開きます。

ひだを割り蜜を絡め、時折弾くように動かす指が奏でる水音は、どんどん大きくなってきた。

妻は身を捩じらせ断続的に声を上げてる。

妻と唇を重ね、舌を絡め合い唾液をすする音が響く  

 最奥に差し込んだ指を、抜き差し、回転させて膣壁をなぞりかき混ぜると、

中に入っている指を締め付けてきた。

「あんん.....あっ、だめ、やぁ....」 溢れた蜜が、繁った股間を濡らし脚が引きつりながら指が振るえてる。

「あぁああああっ.....」 びくびくと腰が跳ねて、膣が指を咥え込んだまま収縮を繰り返す。


妻の中から濡れた指をゆっくりと引き抜いて  ぺろりと指を舐め 満ち足りた気持ちでいっぱいになりました。


息も絶え絶えにあえいだ妻から、「シートまで...濡れちゃあった....」 うつろな瞳.....

ボヤキともつかない声で 満足そうに つぶやいてくれました。(笑顔)


私は.....  こんな自分を受け入れてっくれる.... 妻が 大好きです




今回の出来事はここまでです

このエントリーは随分時間も過ぎてしまいましたので、この辺で終了とさせていただきます。



最近、なにかと 、夫婦の 愛情 が試されたりしているような気がしてなりません

二人の結びつきも、やはり  試されて いるのかな....


50を過ぎて、夫婦のあり方も さまざまでしょう 皆様の、ご夫婦はどうでしょうか


 
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://ikumaro5702.blog39.fc2.com/tb.php/48-089c4c38